代表理事挨拶

photo

私たちは、あらゆる組織の中に高業績チームを育成し、チームメンバーたちが目に見える形で組織に貢献する成果を残すプロセスを支援するチームコーチとして、お互いを切磋琢磨し、世の中にチームコーチングが正しく認識されることに責任を取るために一般社団法人全国チームコーチ連盟を設立いたしました。

さかのぼれば2007年、PHP研究所が主催して「PHPチームコーチ養成講座」が開設されました。2001年より「PHPビジネスコーチ養成講座」が開講され、その結果として幾多の優れたビジネスコーチが誕生し、それぞれの分野でご活躍されています。

そのビジネスコーチングが奏功し、評価を得たからこそ、さらに発展して、組織の現場で「チームコーチング」が必要とされるようになってきました。これは、日本経済の現状への危機意識の表れであり、また時代の要請でもあると確信しています。

今や、組織の中にどのように最強チームを作るかが重要な経営上のテーマとなっています。多くの組織において、「チーム」という名称を安易につけますが、実際には「ワーキンググループ」を超える働きをする小集団はほとんどありません。「チーム」と言うからには、各メンバーの働きの総和を超える成果と変化を作りだすものでなければいけません。ワーキンググループとチームとは似て非なるものです。

一致団結して問題解決や目覚ましい成果へと向かうチームは、単なるチームビルディングで作られるものではありません。対立や葛藤を乗り越え、目的を共有し、グループとして何層ものブレイクスルーを果たした結果として誕生するものです。そして、この一連のプロセスを支援していく最も効果的なツールがチームコーチングであると私たちは確信しています。

私は長年、トレーニングやコンサルティングの場でチームづくりに取り組んできて、人間の変容の可能性とそれによって作られる目覚ましい成果に目を見張ってきました。そして、会議や研修としての「チームビルティング」を超越する成果志向のプロセスとして、チームコーチングを開発してきました。先の養成講座の中では、その基本的なプロセスを同志に分かち合ったわけですが、今や彼らの経験と力によってさらにチームコーチングは開発され進化しています。日本でのチームコーチングはまだ黎明期にありますが、すでにその技術は確かなものになっています。今後は企業、医療、行政、教育、非営利組織などの各領域でチームコーチングがいかに違いを生みだすか、実践を重ねていくときでしょう。

私たちは日本中に精鋭チームを誕生させ、それぞれの分野で肯定的な違いを創りだし、再び日本経済を活性化していくことに貢献していきます。

一般社団法人全国チームコーチ連盟代表理事  田 近 秀 敏