2014チームコーチング・カンファレンス

盛況のうちに終了いたしました。ありがとうございました。

10月19日(日)、「チームコーチング・カンファレンス2014」が開催され、日曜日の午後という時間帯にもかかわらず、たくさんの皆さまにご来場頂きました。ありがとうございました。

今回のカンファレンスでは、欧米チームコーチング動向の紹介を挟み、全部で4つの事例が発表されました。
カンファレンスプログラムPDF

なかでも、3つの事例ではクライアントとしてチームコーチングを実際に体験されたお客様から生々しい貴重なお話しを頂きました。
登壇され、自らの体験を率直に話された皆さまには、改めまして深く感謝いたします。

それぞれのプログラムで活発な質疑応答もなされ、発表内容に対する皆さまの関心の深さが伺えました。

hangaijirei
fukudaharadajirei
pengjireiogasawaramatsubayashijirei
VUCA
Volatility(変動性)、Uncertainty(不確実性)、Complexity(複雑性)、Ambiguity(あいまいさ)
私たちの世界を端的に表す言葉として最近よく使われています。

このような世界に対応するためには、一人のカリスマのリーダーシップに期待するのではなく、組織の一人ひとりがリーダーシップを発揮する必要がある、というのが最近のリーダーシップ論です。

組織のいたるところで一人ひとりがリーダーシップを発揮し、それらがさらに再生産されてゆく、このような集団的リーダーシップを日本中のあらゆる組織で創り出すための支援をすることが私たちチームコーチのミッションであると考えています。

一年後のカンファレンスでは、さらに多くのお客さまに勝利の体験を語って頂けるように、チームコーチとして精進を重ねて参りたいと思っております。

来年のカンファレンスで皆さまにまたお目にかかることを楽しみにしております。